医療法人誠心会

神奈川病院

もの忘れ外来について

お問い合わせ045-951-9811

アルコール依存症について

お問い合わせ045-951-9811

入院のご案内

写真

入院相談

医療相談室にてご相談を承っております。事前にお電話でご連絡ください。お困りになっている症状をおうかがいした上で入院予約等をすすめて参ります。

入院手続きに必要なもの

入院診察後に、入院の手続きを行っていただきます。

下記のものを入院の手続き時にご用意ください。

  • ・健康保険証
  • ・各種受給者証
  • ・各種認定証
  • ・診療情報提供書(紹介状 : ※他の精神科にかかっている方は必ず必要になります)
  • ・印鑑(本人、同意者、保証人) ※朱肉を使うタイプのもの
  • ・保証金¥70,000(退院時に返金します)
  • ・お薬手帳

入院中の持ち物

【2A・2B病棟】

洗面用具・入浴用品・プラスチック製コップ・ティッシュペーパー・電池式シェーバー(男性)・生理用品(女性)・日常品・下着・タオル(各3~ 5組)・上履き・運動靴・他科で処方されているお薬 など

【3階病棟】

歯ブラシ・上履き(バレーシューズなど)・上着(カーディガンなど前開きの物)・その他必要品(入れ歯・眼鏡・補聴器など最低限の生活 必要品で管理可能なもの)・他科で処方されている薬 など

※衣類・下着・日用品はリースとなります。

面会について

面会時間

【2A・2B病棟】

平日 13:00~19:00

土・日・祝日 10:00~19:00

【3階病棟】

全日 10:00~19:00

個人情報保護法に基づき、入院の有無や病棟などのお問い合わせにはお答えすることができません。
面会に来られる方には、あらかじめ患者さんやご家族から病棟などの連絡をお願い致します。

なお、病状によっては、医師の指示で面会を制限させていただくこともあります。

入院費について

お支払い受付時間

平日 9:00~16:00

健康保険法で定められた料金で計算いたします。入院費は月末締めで、お支払いは翌月の8日以降にお願いしております。

月の途中でご退院される場合には、退院日にご精算をお願い致します。また、リース料金、室料差額等は保険外費用になります。

リース料金 2A・2B病棟 ¥32

3F病棟 ¥2,650

個室料金 日額 ¥5,400

2床室 日額 ¥2,160

4床室 日額 ¥1,080

心理教育プログラム

当院では、精神科の病気についての心理教育的アプローチを、開院当初から積極的に取り入れております。

精神科の病気を抱えた患者さん・ご家族が、主体的に治療に参加し、その病気を受けとめ、社会生活の中で前向きな気持ちや幸せを感じ、生活の質を高めながら生きていけるように…
医師・看護師・作業療法士・臨床心理士・精神保健福祉士など、多職種でチームを組み、病院全体とし力を入れて取り組んでおります。

心理教育プログラム

■患者さん向け

アルコール症:集団精神療法、ミーティング、ビデオ教室、メッセージ(MAC・AA)、あすなろ、認知行動療法等

■ご家族向け

アルコール症  :「依存症家族基礎教室」「アルコール家族教室」

統合失調症   :「ひまわりビデオ学習会」「さくらの会(家族教室)」

認知症      :「認知症家族のつどい」

自助グループ  :アルコール症回復者のつどい「秋桜の会」(OBと職員の交流会)

ARP

入院中のアルコール依存患者さんのためのプログラムです。

当院では、医師、看護師、臨床心理士、精神保健福祉士、作業療法士、栄養士等の多職種により治療プログラムを実施しています。  治療プログラムを通して、これまでの飲酒問題に対する洞察を深めていきます。また、疾患に対する正しい知識を得て、アルコールを飲まない生活や回復のイメージをつかむことで、これからの断酒生活の土台を作っていきます。

・認知行動療法:飲酒や飲酒問題に対する認知(とらえ方、考え方、価値観)を患者さん自身で検討し修正することで、行動や生活を改善してくことを目的としています。

・集団精神療法/ミーティング:自分の経験や気持ちを率直に話し、他者の話を聞くことで、自らの飲酒問題を振り返り、受け入れ、断酒への動機付けを高めることを目的としています。

・あすなろ:身体を動かすことで身体の回復を促進し、仲間としらふで過ごす楽しさを共有します。

・AAメッセージ/MACメッセージ:外部の自助グループや施設を利用している回復者に、自らの体験を語ってもらいます。

依存症家族基礎教室(看護師担当)

ご家族が元気になることを大切に考え、「依存症とは何か」と基本的知識を養うことを前提に、「家族としてどのようにしていけばよいのか」を一緒に考え家族の回復に対し支援いたします。『何でも言い合える家族会づくり』を目標に、これから皆様と一緒に活動していきたいとを思っています。すぐには解決できない問題も、思いを語ったり勉強会等をしていくうちに、解決の糸口が見えてくるかもしれません。基本的な知識を得たのちに、当院で開催されている「家族教室(第1火曜日)」や断酒会、その他の自助グループに参加されるご家族もいらっしゃいますので、抱え込まずにご家族さま自身のお気持ちを軽くしていくためにも、ふるってご参加ください。

対象

ご家庭で、アルコール・薬物に限らずギャンブル等について問題を抱えておられる方がいるご家族の方を対象に行っています。患者様の当院への利用が無いご家族も参加できます。

日時

毎月第1・3土曜日 13:30~15:30  ※祝祭日は休講
(院内行事などにより、変更もあります)

場所

3階 作業療法室

お問い合わせ・ご質問

神奈川病院 依存症病棟看護師か教育担当 長島までご連絡下さい。なお、お申し込みは不要なので直接お越しください。

アルコール家族教室

アルコール症の方のご家族などを対象にした会です。
月1回 2時間半(1クール5回 講義+ミーティング)
病気に関する知識や対応を学ぶと共に、自分の気持ちや体験を語り合います。

ひまわりの会

入院中の統合失調症の患者さんのためのグループです。
週1回 (1クール6回 講義)
病気や薬について、これから活用できそうな社会資源についての、知識や情報を知っていただく勉強会です。
事前学習として、薬剤師による服薬指導も積極的におこなっております。

ひまわりビデオ学習会

統合失調症の入院患者さんの、ご家族向けの勉強会です。
偶数月第3木曜日 2時間  (ビデオ学習+質疑応答・懇談会)
病気や薬についての基本的な知識を身に付けていただきながら、入院・療養生活の中でのさまざまな疑問についても、お答えします。
「さくらの会」の紹介

認知症家族のつどい

認知症で当院に通院、入院中の方のご家族を対象にした会です。
月1回 2時間 (講義+茶話会)
認知症の理解のための学習、介護者同士の悩みや経験を語り合う懇談会、施設見学会などをおこなっています。

さくらの会

さくらの会(家族教室)

統合失調症で当院に入院、通院の方、当院デイケア在籍中の方、のご家族を対象にした会です。
全5回/クール 毎月第2土曜日の午後2時間 (講義+懇談会) 2,000円/クール

病気や治療について学ぶ“基礎コース”/社会資源について学ぶ“社会資源コース”/対応の仕方などについて学ぶ“応用コース”があります。

懇談会では、ご家族同士で気持ちを分かち合い、また問題の解決策を見出す場として参加していただいています。患者さんの再発を防ぐとともに、ご家族の負担が軽減し、健康的な生活が送れるようになることに役立ちます。

作業療法(OT)について

OTの作品

外来受付時間

神奈川病院では、入院治療の一環として精神科作業療法 (occupational therapy)を行っています。

生活リズムを整える、人づきあいを改善する、集中力持久力をつける、意欲低下を防ぐなどの目的で行う治療です。

内容は塗り絵や書字、集合カレンダー作成、大人のIQテストなどのプリント類や、卓球、ストレッチ、エアロビ、音楽療法、カラオケなどです。

心と体を一緒に健康にする効果があります。

医療相談室

医療相談室では、精神科ソーシャルワーカー(精神保健福祉士)が、患者様やご家族の様々なご相談に応じております。

お困りのこと、ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

こんなときご相談ください

・どこに相談したらよいかわからない
・外来受診や入院について
・退院後の生活や社会復帰についての心配事
・福祉制度について知りたい
・医療費や生活費などの経済的な問題
・介護保険制度について
・そのほか病院に対する不満、不安、疑問など

ご相談内容についての秘密は必ずお守りします。

相談時間 平日9:00~17:00

お電話かご来院にて受け付けております。

ご来院の場合は、事前にご連絡いただきますようお願いします。

(神奈川病院代表)医療相談室まで

お問い合わせ電話番号

お問合わせ045-951-9811

PAGETOP
Copyright(c) 2009 seisinkai. All Rights Reserved.