医療法人誠心会

採用情報

現在募集中の職種

ホームページからのお問い合わせで採用に至った方には感謝金を贈呈しております。採用情報詳細をご確認下さい。

中途採用

新卒採用

お問い合わせ先

あさひの丘病院

総務課045-951-5600

E-MAIL:info@seisinkai.jp

神奈川病院

総務課045-951-9811

E-MAIL:info@seisinkai.jp

心のふれあいを目指して

看護部長岩崎 美恵子

私たち誠心会は、病気や症状の改善をはかるとともに、病状がもたらす生活上の困難さを見極め、患者さん一人ひとりの人間性を尊重し、価値観を共有しながら、可能な限り「その人らしい」社会生活が円滑におくられるよう、異なる分野の専門家が協力し、より効果的できめ細かなサポートができるよう職員全員が協力し取り組んでいます。

また、治療の過程では、ご家族の理解と支援も大切です。患者さんだけでなくご家族との信頼関係構築も大変重要です。そのためには、職員一人ひsとりが専門性を高め、責任感と使命感を持ち、患者さんとのきめ細かな関わりを忍耐強く持ち続けることが求められます。

私達との信頼関係が、患者さんにとっての癒しの空間であり時間であると思っています。そして、そういう空間、時間を提供していくため日々努力しています。その結果一人でも多くの患者さんに「この病院に出会えて良かった」と言っていただく為に、私たちと一緒に働いていただける方を心から歓迎いたします。

採用詳細情報

医療法人誠心会では一緒に働いてくれる仲間を募集しております!

中途職員採用、来年度新卒採用を行っております。詳しくは、ページ上部それぞれのフォーム内の、職種をクリックしてご覧ください。

ご本人から事前にお問い合わせをいただいたうえで採用に至った方には「ようこそありがとう感謝金」(10万円~)を贈呈いたします。

ご質問や見学のご希望など、まずはお気軽にお問い合わせください。

法人事務室 人材開発課

医師募集

精神科医師
募集内容

常勤医

  • ・誠心会は、横浜市西部地区精神科中核病院として、地域、行政と一体となり、患者様第一の医療に取組んでいます。
  • ・誠心会は、症例が豊富です。また、精神保健指定医を目指す先生への指導体制も整っています。
  • ・誠心会は、幅広く地域の精神科医療に取り組んでいます。
  • ・神奈川病院では、アルコール依存症又は、認知症の治療を行っております。
  • ・詳細は下記までお問い合わせ下さい。
問い合わせ先

事務部長(村上)

  • TEL:045-951-5600
  • FAX:045-955-9761
  • E-mail:m-murakami@seisinkai.jp
病院所在地

医療法人 誠心会

  • 神奈川病院
  • 〒241-0803 神奈川県横浜旭区川井本町122-1
  • あさひの丘病院
  • 〒241-0803 神奈川県横浜旭区川井本町128-1

神奈川病院看護部教育理念

1.神奈川病院看護部教育理念

神奈川病院看護部は、人間性を尊重した倫理観をもち、看護に対する使命と役割を自覚し、幅広い臨床能力(態度・知識・技術)を身につけ看護サービスの質が保証できる看護師を育成します

2.神奈川病院看護部教育目的

神奈川病院看護部は、専門職の自覚をもち、患者の個別性を尊重した計画的な看護が主体的に実践できるよう人材を育成する

3.神奈川病院看護部現任教育目標

1)人間の生命や人間としての尊厳および権利を尊重し、責任を持ち、平等に看護できる看護師の育成

2)科学的根拠(知識)と観察に基づいた的確な看護判断により、患者の特性と状況に応じた看護技術を提供できる看護師の育成

3)探究的視点・視線で自己開発(キャリア開発)に取り組む看護師の育成

4)社会人として自覚をもち、責任ある行動のとれる看護師の育成

4.神奈川病院看護部の目指す看護師像

1)個人として尊厳の姿勢をもっている看護師

2)看護できることを誇りに思う看護師

3)自己洞察を基に自己実現を探究できる看護師

勤務体制

24時間2交代を取り入れています。日本看護協会は、看護職の倫理綱領「看護者は、より質の高い看護を行うために、看護者自身の心身の健康保持増進に努める」(第12条)に基づき、「看護職の夜勤・交代勤務に関するガイドライン」を策定しています。当院は夜勤・交代勤務の負担軽減を図り、看護職の心身の健康保持、ワークライフバランスの推進につとめています。

H28年度も看護職員が各領域でキャリアを積んでいます

キャリア開発計画

地域の精神科医療を担う当院では、精神科医療の専門性を高めるために能力開発を進めていくことが望まれています。
そこで、看護実践能力を向上させ精神科医療の専門性を高めることをねらいとして、個人の成長レベルに応じ能力開発ができるように支援体制を整え、質の高い看護サービスが提供できる人材育成に積極的に取り組んでいます。

個人の成長と実践能力の向上を支援するだけではなく、 自己のキャリアビジョンを実現できるように、組織全体でスタッフ一人ひとりの教育支援に努めています。
また看護職員全員が日々の看護実践の場面を通して、後輩を指導する屋根瓦方式の教育を基本とし、プリセプターや実地指導者だけに負担をかけないように支援しています。 今後、全看護職員を対象に「看護職のキャリアパス制度」を基に、新卒1年目から生涯教育としての研修システムを導入予定です。具体的には、新人から個人の成長にあわせて4段階のクリニカル・ラダーによって分散教育(OJT)と集合教育(OFF-JT)を通して段階的に学んでいきます。実習指導者の研修や医療安全管理者、看護管理者(副看護師長・看護師長)を目指していく研修を受講する事も可能です。
また、より専門性の高い看護を目指し、認定看護師・専門看護師の道を選択し学んでいくことができます。さらにジェネラリストとして多くの医療分野の看護を経験し、EBMに基づいた正確で丁寧な看護実践能力を備えた看護師になるために、病院内外の研修で研鑽を積むことができます。 いずれにしても、専門職業人としの自己啓発・自己研鑽が必要であり、それを支援するものが「能力開発体系」です。これらの研修の機会を自ら選択し、常に目標をもち、主体的に学習をして、目指す看護に向かってステップアップできるように支援していきます。

当院のキャリアアップにおける有資格者(H28.9現在)

看護管理 ファーストレベル 1名  精神科看護認定看護師 3名

医療安全管理者 5名        教員養成課程修了 1名

実習指導者講習会終了者 22名    生活療法指導員(SST) 初級 2名 中級 1名

包括的暴力防止プログラム認定者 14名

実習の受け入れ

当院は、精神科医療・精神看護の質の向上に寄与する教育活動や研究活動の支援は社会貢献の一つと考えております。看護学生の実習、認定看護師の実習、また他施設からの研修依頼、調査、研究に協力しております。

【受け入れ校】

・横浜市立大学看護学部

・横浜市医師会看護学校

職員研修について

当法人では、職員が各々のレベルに応じた学びを得られ、サービス向上に活かせるように、全職員向けに毎月様々な内容で職員研修をおこなっております。

また地域の社会資源を知るために、地域の作業所やグループホームなどの見学ツアーや、交流のためのイベントなど、たくさんの機会を設けております。

■神奈川病院実施プログラム(平成28年度)

【院内研修】

内容
4月新人転入者研修
ストレスチェック説明会
5月ネブライザー研修
リスパダールコンスタ注射手技研修
6月メンタルヘルス研修
褥瘡研修(除圧について)
「AAって何」アディクション研修
シクレスト舌下錠、インヴェガ薬剤研修
7月 新人フォローアップ研修
接遇研修(医療安全・患者相談サービス)
心理教育伝達研修
8月 接遇研修(医療安全・患者相談サービス)
9月 CVPPP研修 
DVD鑑賞研修(心理教育) 
Al依存症とは(アディクション研修)
生と死を考える会(アディクション研修)
イフェクサー・リスパダールコンスタ注射手技研修
10月 ノロ対策研修(感染対策) 
Al依存症、ARPについて(アディクション研修)
アディクションセミナー3シーズン(アディクション研修)
リクシアナ薬剤研修
11月 ノロ対策研修(感染対策)
メンタルヘルス研修
寿町施設見学
包括的事例検討研修
12月 消毒薬について(感染対策)
ナラティブアプローチ研修
1月 CVPPP研修
行動制限について(行動制限最小化) 
個人情報保護研修
2月 転倒落について(医療安全)
3月 心理教育研修

【院外研修】

他病院地域施設見学実施

日本精神科看護協会、支部研修、学会 多数参加

日本アディクション看護学会

実習指導者養成コース(神奈川県立保健福祉大学実践教育センター)

精神科認定看護師取得研修

■あさひの丘病院実施プログラム(平成27年度)

内容
4月新入職オリエンテーション
精神医療目ディシネマ上映会
5月 精神医療における心理アプローチ
せん妄の診立てと予測・予防・治療
ハラスメント防止研修
エビリファイLAIについて
6月 急変時の看護 BLSトレーニング
治療アドヒアランス向上を目指した治療構造
精神科病院における感染対策
7月 精神科病院における感染対策
家族へ向けた心理教育
8月 紙おむつ院内勉強会
褥瘡勉強会
9月 褥瘡勉強会
紙おむつ院内勉強会
10月 心電図の基礎講習会
AEDの基礎講習会
11月 心電図の基礎講習会
AEDの基礎講習会
12月 ドパミン化感受性精神病の治療
アサーションをもっと使いこなそう!
1月 -
2月 第3回看護研究発表会
3月 看護師に必要とされるスキルマネジメント
診療報酬改定に伴う医療情報勉強会

先輩スタッフの声

あさひの丘病院 ストレスケア病棟 看護師4年目 赤平さん

私の勤務するストレスケア病棟では、様々なストレスを抱えて入院する患者様が多いですが、退院の際には調子を取り戻して笑顔でお礼を述べて下さります。その一場面が看護師としてのやりがいを感じる瞬間であり、更なる質の高い看護を提供できるように努力していこうという原動力となります。
 当院では、院内研修が定期的に開催され、精神科看護のスキルを高めるための環境が整っており、外部研修への参加も積極的に行っております。外部研修は参加した看護師が個々に学ぶだけではなく、病棟学習会にて互いに研修の学びを共有するようにしているので勉強になります。
 現場で先輩看護師から学び、自己学習を行い、精神科看護のスキルアップをしていきたいと考えております。

あさひの丘病院 スーパー救急病棟 看護師2年目 木村さん

私は、子育てを卒業したのち看護師の免許を取得しました。スーパー救急病棟に配属され2年目になります。その為先輩看護師は、私より年齢の若い方が殆どです。
 スーパー救急病棟は、患者様の入れ替わりが激しく、業務が多忙な病棟ですが、その中で、毎日元気に楽しく働く事が出来るのは、困ったとき手を差し伸べて下さる先輩方のサポートのおかげだと思います。更に、日々接する患者様からは、精神疾患の辛さ、困難さ、コミュニケーションの大切さを学ばせて頂き、看護師として、人として成長させて頂ける、やりがいのある職場です。今後もこの場で働けることに感謝しながら、患者様により良い看護が出来るよう自己研鑽に励みたいと思います。
   とても働きやすい職場です。一緒に仕事できる日を楽しみにしています。

あさひの丘病院 スーパー救急病棟 看護師7年目 野呂さん

 当病院へ入職して1年6カ月が経ちました。私は看護学校を卒業してから、大学病院の精神科で6年間勤務をしていました。身体合併症や認知症を持つ患者様も多く入院していた病棟であり、急性期の看護をさらに学びたいと考え転職を決意し、当病棟への配属となりました。
スーパー救急病棟は隔離室を10床持っており、毎日多くの患者様の入院に対応しています。看護に悩むことも多いですが、スタッフ全員で患者様の問題や看護の方向性を話し合う環境があるため、日々学びを積み重ねながら勤務することができています。
また、外部研修への参加に対し勤務調整等を積極的に行っていただけるため、いくつもの研修へ参加することができました。研修で得た知識を病棟へ還元できるよう努めていきたいと思います。

神奈川病院 アルコール症治療病棟勤務 徳田さん

入職して3年目を迎えています。アルコール治療病棟におりますが、人と人との関わりはとても難しいと常々感じています。
患者さんに物事を説明するときに、自分自身がきちんとしていないと伝わることも伝わらない。患者さんにいろいろな事をきちんと伝えていきたいです。職場の雰囲気は、和気あいあいとお互いに助け合っていける環境で、自分自身の成長にも繋がる手応えもあり、とてもやりがいを感じています。今後はアディクションについての見識も深め、患者さんに還元していけたらと思っております。若いうちに、人との関わりや、センスを培うことができる精神科に勤務できてよかったです。
これからも心と心を通い合わせることができる精神科で自己研鑽を積んでいきたいです。

神奈川病院 精神科急性期病棟 保科さん

入職して12年が経ちました。現在は子育て真っ最中ですが、職場はアットホームな雰囲気で、子育ての経験者も多く、アドバイスをいただける上に、仕事をしながら子育てをする大変さを周囲の方々が理解してくださるので、とても仕事がしやすい環境です。
子供の体調不良等で突発的に休まなければならない時も、周囲の温かいサポートがあり、気兼ねなく休むこともできます。
独身時代からの同僚とは、結婚、子育てと境遇を共有し、一緒に成長できているのも心強い限りです。今後は子育てと仕事の両立をしつつ、お世話になった当院に恩返しをしていきたい。そして私同様、結婚、子育てを経験するであろう後輩達を応援していきたいと思っております。

神奈川病院 作業療法室勤務 土屋さん

所属のOT室は少人数ゆえに、わからないことは逆に質問しやすく、尋ねやすい雰囲気です。自分のペースで学ぶことができ、現在不安はありません。閉ざされた感じが全くなく、他部署との連携も取りやすく感じております。当院は勉強会も豊富に用意されている環境なので、知識の幅を広げていきたいです。
OTは大人数の患者さんと一斉に向かい合うので、個々の患者さんに目が届きにくい面があります。集団の中でもお一人おひとりに目配り・気配り・心配りできる作業療法士を目指しております。
これはこの道を目指す時から思っていたことであり、実際現場に立ち、集団プログラムの中で難しい面もありますが、初心貫徹できるよう今度も努めてまいります。

神奈川病院 アルコール症治療病棟勤務 長谷川さん

入職して3年目を迎えています。仕事もだいぶ慣れました。今年の4月より看護専門学校へ通っております。
社会人枠での進学ですので、午前中は現在の仕事をしながら、午後に学校へ通っております。キャリアアップを志すきっかけは、教育師長からの後押しでした。
病気がちの身内がいることも看護師を目指す十分な動機となりました。幸い、家族の協力も得られました。当院では、働きながら学校へ通うことができるサポート体制が整っていることも有難いです。
長男が高校受験を迎える3年後、ちょうど私も国家試験を受ける予定ですので、息子に負けず頑張りたいと思っております。
仕事、家庭、学業のトライアングルは容易ではなさそうですが、将来は患者さんに耳を傾け、寄り添える看護師になりたいと強く願っておりますので、ステップアップできるよう今後も頑張ってまいります。

PAGETOP
Copyright(c) 2009 seisinkai. All Rights Reserved.